美命の会所

未分類

名古屋展示会もあと3日!

以下書いていたのにアップしていなかったことにいま気づき・・・。 展示会も終盤ですが(本日13日)、アップします。 おばかな私・・・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 一粒万倍日の10月9…続きを読む

歳時記は日本を救う!?

10月1日の仲秋の名月の日、会所では 「七五三 冬至 彼岸」がテーマの歳時記講座でした。 その日は、講座テーマの室礼ではなく、 お月見の室礼にしてみました。 すすきを飾り、 塗りの三宝にはお団子の代わりにすし飯を13個(…続きを読む

お月見の料理と器遊び

10月1日は十五夜(晴れますように!)。 まだ稲作行われていなかった縄文時代、 縄文人の主食は里芋ではなかったか。 その収穫の祈念と感謝をこめて月に芋を捧げた・・・ これがお月見の起源。 その後、弥生時代に稲作が導入され…続きを読む

現代金継ぎにハマりそう!

現代風金継ぎにより、 修復された器たち、いま会所で乾燥中! 私が修復した器が6点、隣席の方にしてもらった器が6点。 わずか3時間で完了。あとは1週間乾燥させるだけ。 通常の金継ぎは、本漆に本金を使い、 いくつかの工程を経…続きを読む

日本中に「御伽衆(おとぎしゅう)」を増やすべく 「美命の会所 オンライン」を立ち上げました!

御伽衆? 聞きなれない言葉ですが、 室町時代から江戸時代ごろまで存在していた、 主に、殿様や姫君若君、将軍や大名のお話し相手をする人のことであり、 その職名が御伽衆です。 「今宵は源平合戦の話しを聞きたい」と思えば歴史に…続きを読む