美命の会所
お知らせ
今月のテーブルコーディネート
初夏のテーブルは5月末まで

紺色のクロスに八角形の折敷、そこに、金と銀だけで施した
5寸の角皿・・・。センターには、青の船形の鉢と角の鉢。
テーマは「初夏」。
このテーブルをコーディネートしてくださったのは、
<文字フラワー>を生み出した桃井智世帆さん。
このテーブルにも、「幸」という文字の入ったアレンジメントが飾られています。
折敷をナプキンでくるみ、そこに葉をあしらうなどのワザが光る、
初夏のテーマにぴったりなテーブルです。
IMG_7225

IMG_7183

IMG_7221

IMG_7234

IMG_7243

2017/04/28

6月 3 @ 2:00 PM – 4:00 PM
2:00 PM
薬用として日本に伝わったお茶は、天然植物のまさにアロマ。 お茶は、いつしか茶の湯文化に発展し、 茶事には香道も取り入れられるようになりました。 そこで、 香合に入れた西洋の香りを畳の上で聞くという、 美命の会所ならではのアロマ講座を行います。 教えていただくのは、表千家の師範でもあるアロマコンシェルジュの二宮香さん。 アロマテラピーの歴史や効用、楽しみ方やヘルスケアへの取り入れ方はもちろん、 畳の歩き方、香りの聞き方など、美しい所作も一緒に学べます ●教え人 二宮 香  日時 6月3日(土)14:00〜16:00 会費 5,500 円
美命の会所
6月 17 @ 2:00 PM – 4:00 PM
2:00 PM
季節の節目や行事に合わせて 飾りや調度で場をととのえることを意味する室礼(しつらい)。 歳時記講座で学んだ季節の行事の本当の意味や目的を 「形」にする室礼講座をはじめます。 大和流(お茶)や小笠原流礼法の師範でもある水野れい子さんは 「茶の湯も作法室礼も、心や場をととのえ、美しい心や所作を学ぶためのもの」 と言います。敷居の低い室礼講座、はじまります! ●教え人 水野れい子 日時 6月17日(土)14:00〜16:00 会費 5,000 円(材料費別途〜3000円)
美命の会所
2:00 PM
切り花の紫陽花はとても繊細。 花瓶に生けた翌日にはぐったり・・という経験がある方は多いのでは? 紫陽花を長持ちさせるにはちょっとしたコツがあるそう。 そんなコツとともに、紫陽花のいけかた、お稽古しませんか?  講師Hは、会所でおなじみの、 草月流師範の松尾柳竹先生です。 会費には花器代も含まれています。
美命の会所